スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
赤ちゃん産むぉ①
2008年04月24日 (木) | 編集 |
昼ちょっと前に手術室へ
 
正直、泣き叫びながら逃げ出したいほどにガクブルな私。
 
 
手術室に入ったら、素っ裸になり、頭にシャワーキャップみたいなのを被り、手術台に腰掛ける。
 
銭湯の風呂上がりのオバチャンの様www
 
いざ麻酔…
 
腰椎麻酔なので体を丸めて背中にプスっと行きます
 
しかし腹は…だし、元々体は固いは、デヴだわで、背骨が開かない??みたい。
何人かの看護師さんに押さえられ何度もプスプス
痛みは普通なんだけど、注入した時に体のどこかが反応するのが怖い
 
足が痺れたりする訳で
 
シャワーキャップ(みたいなの)被ったオールヌードの銭湯(手術台)に腰掛けたオバチャンはベソベソと泣き出した
 
「痛かったね、ゴメンネ」って言ってたけど怖くて泣いてたなんて言えないのね(笑)
 
 
手術台にT字に貼り付けられ、消毒ヌーリヌリ。
 
何度も血圧を計り、看護師サンが申告すると先生が何かを指示し、点滴に何かを注入する。
医龍好きな私はそんなリアルな医療現場に感心を・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
 
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・顔面蒼白、パニック寸前、酸素マスクつけながら小声で「コワイーコワイィーミリミリ、ホントウ、ミリ、ダメ、ボスケテ」とブツブツ言いながら泣いてました(何このヘタレ)
 
 
 
カバーを掛けられ、腹が視界から消える。
安心・・・・・・・・・・・・・・・・する訳はない(爆)
腹に何か置かれた際にチクッと痛みが走った。
 
 
 
「じゃぁ、始めましょう、お願いします。」と先生
 
 
 
 
 
 
 
ちょちょちょちょちょちょちょちょ待っ・・・・・・
 
 
今、チクッって・・・・・・
 
 
 
そして腹に何か横ぎる感触
 
 
 
 
 
切られた・・・・・
 
 
 
ガクッ(悶絶)
 
 
医龍でお馴染な器具の名前がサクサク。
 
パッチンパッチンと鳴り響く音にもう気絶しそう。
 
 
 
 
 
②に続くんだぉ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。