スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちょっと真面目な話
2005年06月07日 (火) | 編集 |
父親の一周忌が5日にありました(これ7日やんけ)

早いものでもう1年なんだなぁとシミジミします。



私にとって父親というものは絶対であります。「死ね」と言われたら多分死にます。(爆)



私が小さい頃、母親が病気になって…精神的な病気だった母親に辛く当てられてた私にとって父親とは母親の分以上の愛情をくれる唯一の人でした。

母親が病気になって、昔気質の父親は他に発散する場所を知らず、20年ずっと一人で抱え込んで戦って来たんだなぁと思います。

抱え込んだものに耐えきれず酒に逃げ、体を壊しちゃって死んじゃったけど。



私はいつも小さい頃から悲しそうな父親の背中を見て、何かしたいと思っていました。

どうすれば笑ってくれるだろう?どうすれば喜んでくれるだろう?

自分に大きな愛情を注いでくれる父親を喜ばせてあげたい。

そんな気持ちで父親の仕事の関連を目指したりしましたが、下らない理由で挫折しました。



何一つ、喜ぶような事してあげる事もできないまま、親不孝な娘で終わってしまいました。



最後の夜、父親と過ごして…朝に私が帰ったと同時に父親の容態は急変しました。

そんな事実がいつも切なかったりします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。